シルク印刷について

RERECAで作るポーチは、特色での印刷をご希望の場合「シルク印刷」という方法を採用しています。
シルク印刷とはどんな印刷でどんなデザインが向いているのかなど、シルク印刷の特徴についてご説明いたします。

シルク印刷とは

シルク印刷は版材に絹(シルク)の布を使い、シルクスクリーンとも言われています。
絹目の間からインクをヘラで擦ることで適量を押し出し、元版に空いている隙から印刷物にインクを乗せる印刷の方法です。
紙や布だけでなく、曲面にも印刷できるため様々な素材に印刷ができ、よく使われている印刷技法です。

シルク印刷のメリット

ポーチにシルク印刷をすると、下記の3つのメリットがあります。

  1. ・厚めの印刷でデザインがはっきり綺麗に表現できます。
  2. ・気候への耐性に優れ、温度による変形や変色がしにくい印刷技法です!
  3. ・特色( DICかPANTONE)でご指定いただければ、お好きな色で印刷可能です!

くっきりとした印刷の仕上がりでデザインを綺麗に表現することができます。

シルク印刷のデメリット

逆にデメリットについては下記があります。

  1. ・0.5mm以下の細いデザインは印刷表現ができませんので、線幅を調整いただく必要があります。
  2. ・線と線の間は1mm以上開けていただかないと、印刷時にデザインがつぶれてしまいます。。
  3. ・1つ1つ手作業で印刷をしていくため、、大量ロットをこなすのに時間がかかります。

シルク印刷は、機械での印刷に比べると印刷の精度やスピードには課題がありますが、非常に味のある仕上がりになるのが魅力です。

シルク印刷の色数について

ポーチにシルク印刷をする際は、色味を混ぜたりグラデーションを入れたりすることはできません。印刷の色数を増やすことは可能ですが、印刷は色数が増えるほど版代や印刷賃が増えるので、そのぶんお値段が高くなります。
印刷色の指定については、PANTONEかDICの色番号でご指示いただくようにお願いしています。

両面印刷

同じ柄であっても両面に印刷をすると、そのぶん色数が増えます。
例えば、両面にそれぞれ1色印刷をしたとすると、それは片面に2色で印刷したのと同様の扱いになります。

いかがでしたでしょうか?
シルク印刷の表現やデザインに不安があれば、RERECAオペレーターに検討中のデザインをお見せください。印刷の色数や線の太さをご提案して、ポーチの見積をさせていただきます。

商品ラインナップ

布ポーチ

参考価格・特徴 オーダーガイド お見積もり

ビニールポーチ

参考価格・特徴 オーダーガイド お見積もり

名入れ既製品ポーチ

商品一覧

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー お問い合わせ 運営会社

他商材リスト

販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他